中型免許・大型免許を持っている人の仕事とは?

中型免許・大型免許が必要な仕事

中型免許・大型免許で運転できる主な車両をまとめました。トラック関係の運転手の年収は平均で約400万円。タンクローリーや消防車の運転手は他に比べ年収が高くなります。

トラック運転手
トラック 依頼のあった指定の荷物を積んで、荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送する仕事。 大型の場合は長距離を走る事が多く、トラックの中で睡眠をとることもしばしば。
荷降ろしなどを行う場合もあり多少の体力は必要です。人間関係のわずらわしさなどがはあまりない職業です。
ダンプ運転手
ダンプ 荷台を油圧などで傾斜させ土砂などの積荷をおろすトラック、ダンプのドライバー。建設工事の現場では欠かせない大型車両です。荷物の手積みがないので体力はさほど必要ありません。
ミキサー車運転手
ミキサー車 荷台部分にミキシング・ドラムを備えた特殊なトラックのドライバー。回転可能な円筒形の容器に生コンクリートを収めて、走行中も撹拌しながら輸送します。
荷物の積み下ろしがないので体力はさほど必要ありません。
タンクローリー運転手
タンクローリー 固体・液体・気体を運搬するための特種用途自動車の運転手。主に石油・ガスなどの運搬をします。トレーラ型のタンクローリーもあるため、中型・大型免許の他にけん引免許があれば有利です。また、ガソリンなどを運搬するために国家資格である乙種第4類危険物取扱者(乙4)の免状が必要になります。
消防車の運転手
消防車 消防官採用試験に合格する必要があります。
中型免許があればタンク車・化学車などが運転できます。大型免許は はしご車・救助工作車などが運転できます。ただし、消防車は災害救助活動を実施しなければならないため、管内の道路事情や消防水利等を熟知し、積載機材が最大の効果を挙げるように操作できることが求められます。これらの機械器具の操作に熟知した人には機関員という資格を与えられ、機関員に限って消防自動車を運転することができます。

※タンクローリーのドライバーを目指す方に
乙種第4類危険物取扱者(乙4)の資格があれば第4類危険物(ガソリンなどの引火性液体)の取扱作業、立会い、保安の監督などができます。受験資格もなく合格率約40%と高いのでぜひチャンレンジしてみてください。問題集を中心に受験対策を行えば充分合格できます。
参考書や問題集はこちら⇒乙種第4類 危険物取扱者の受験対策本
※消防車の運転手を目指す方にはこちら⇒消防官受験対策本

中型免許・大型免許を持つ人のお仕事情報サイト

代表的な求人情報サイトです。配送や物流関係の求人情報コーナーがあります。中型免許、大型免許を活かせる仕事を探すことができます。

情報サイト
はたらいく
物流・運輸で働きたい方の情報があります。地域で絞り込んで求人情報を検索できます。
求人情報サイト シゴト.in
運輸・交通分野で働きたい方の情報があります。キーワードで検索できます。
マイナビバイト
ドライバー・配送の短期求人情報があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">