教習料金の目安

指定教習所の料金について

現在、所持している免許の種類により料金が異なります。大型免許取得の場合の料金例をご紹介します。
※所持免許はMT免許の場合です。

■東京の自動車学校例 大型免許

所持免許 技能教習 学科教習 料金
普通免許 30 1 416,165円
普通(中型8トン限定) 20 309,170円
中型 14 246,170円

■大阪の自動車学校例 大型免許

所持免許 技能教習 学科教習 料金
普通免許 30 1 389,170円
普通(中型8トン限定) 20 282,810円
中型 14 219,810円

■秋田の自動車学校例(合宿免許プラン) 大型免許

所持免許 技能教習 学科教習 料金
普通免許 30 1 367,500円
普通(中型8トン限定) 20 273,000円
中型 14 210,000円

上記の秋田県の自動車学校の合宿免許プランの料金には宿泊費や食事代を含みます。合宿期間の目安は普通免許(MT)所持の場合で最短13日、中型8トン限定免許(MT)ならば最短9日になります。

教習内容

トラックイメージ

普通車と中型車、大型車の違いは何といっても車両感覚や視野の違いです。中型一種、大型一種の教習内容は、車両感覚や大型車、中型車特有の視野、またドライバーとしての気配り、目配りなど安全走行の技術や心構えを学びます。
※ブレーキ操作、ギア操作、ハンドル操作が普通車と随分異なります。

【ブレーキ操作】
実際にスピードを落とさなければいけない地点からブレーキを踏み始めるのでは、タイミングが遅く、急ブレーキになってしまいます。

【ギア操作】
普通車と違いギアは、7つあります(車によっては例外もあります)。位置が普通車と異なるので位置をしっかり覚えることが重要です。

【ハンドル操作】
前輪が自分のお尻くらいの位置にあるため普通車よりハンドルを切るタイミングを少し遅目にしなければなりません。
しかも車の長さが普通車の2倍くらいあるので内輪差も普通車に比べ大きくなります。サイドミラーで後バンパーの位置、球面ミラーで前バンパーの位置を確認しながらハンドルを切ります。

中型車、大型車は慣れるまでは、落ち着いて教習を受けることが肝心です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">