教習料金の目安

Share on Facebook

指定教習所の料金について

各地の自動車教習所の料金例です。通学コースと合宿コースの料金例を掲載しています。
取得免許は大型特殊一種免許の場合です。なお、合宿プランの料金には滞在費用と宿泊費が含まれています。

■通学コース

事例 所持免許 学科教習 技能教習 料金
東京のA学校 22 12 247,275円
普通免許 6 137,445円
愛知のB学校 22 12 223,500円
普通免許 6 104,680円
大阪のC学校 普通免許 6 100,275円
福岡のD学校 普通免許 6 94,550円

■合宿コース

事例 所持免許 学科教習 技能教習 料金
秋田のE学校
(合宿コース)
普通免許 6 105,000円
福島のF学校
(合宿コース)
普通免許 6 98,000円
鳥取のG学校
(合宿コース)
普通免許 6 105,000円

合宿コースのある教習所・自動車学校のページへ

スポンサー広告


指定自動車教習所 入校から免許取得まで

指定自動車教習所に入校した場合の免許取得までの流れをご紹介します。

《適性検査》
指定自動車教習所に入校するには視力や聴力などの検査があります。検査に合格しないと入校が認められません。

《第一段階》
教習所内のコースを利用して、路上運転のための教習がスタート。普通車とは異なる車のため、正しい操作手順を身につけ安全を意識した運転ができるようにさまざな交通状況に合った運転技術と知識を学びます。
すべての教習を修了すると、次は第二段階です。技能修了検定はありません。

《第二段階》
大型特殊車教習は路上にでません。応用走行もじっくり場内コースで学びます。実際の運転に即した教習が行われます。危険予測もしっかり身につけましょう。

《技能卒業検定(卒検)》
第一段階、第二段階での技能教習で学んだことを確認する総合的な技能卒業検定です。合格すると、卒業証明書が交付され、自動車教習所を卒業できます。

《免許証交付》
公安委員会の運転免許試験場で適応検査(視力検査など)を受け、学科試験に合格すると大型特殊免許が交付されます。
※大型特殊一種免許の場合、普通免許を所持している方は学科試験は免除されます。また、大型特殊二種免許の場合、他の二種免許を所持していると学科試験は免除されます。

【大型特殊車両の教習で注意する点】

・形状と操作方法
普通車とはかなり異なる形状をしており、操作用と走行用のブレーキが違ったり、変速レバーやサイドブレーキの形状、クルマによっては窓やルームミラーがなかったりします。
また、戸惑う点して「大型特殊車は後輪操舵」という点。後輪で進行方向を決め、進むということになります。

・教習期間
教習所では、卒業するまでの『教習期間』 が定められています。
正しくは「教習を始めた日から」カウントされ、規程の期限までにすべての教習を修了しないと期限切れになってしまいます。
普通車の場合は9ヶ月以内ですが、大型特殊免許の期限は3ヶ月となっています。


大型特殊合宿プラン

triangle大型特殊免許とはtriangle免許を取得するにはtriangle教習料金の目安triangle合宿コースのある教習所triangle作業免許についてtriangle大型特殊車と仕事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">