バイクの免許

バイク免許の種類

原動機排気量で区分されています。AT限定はクラッチ操作を必要としないスクーターを中心とした二輪車です。

● 50cc以下のもの 原動機付自転車免許
● 50ccを超え125cc以下のもの 小型二輪免許・AT限定小型二輪免許
● 125ccを超え400cc以下のもの 普通二輪免許・AT限定普通二輪免許
● 400ccを超えるもの 大型二輪免許・AT限定大型二輪免許

乗りたいバイクの排気量や用途にあった免許を選択じ、免許取得を目指しましょう。

バイク

《 原動機付自転車免許 》
いわゆる原付と呼ばれる50ccまでの小型バイクの免許。
運転するには免許が必要で、免許試験場で学科の試験に合格すれば交付されます。

《 小型二輪免許 》
125ccまでのバイクを運転できます。タンデムシート(後部座席)があれば二人乗りも可能です。
自賠責保険の料金は原付と同じで、任意保険も「ファミリーバイク特約」が利用できるので維持費用がお得です。AT限定は125ccまでのスクーターを運転できます。

《 普通二輪免許 》
400ccまでのバイクを運転できます。
125cc以上のバイクは自賠責や任意保険、車両保険が必要です。400ccからは2年ごとに車検もあります(250ccまでのバイクには車検はありません)。
高速道路も問題なく走行できるので、ツーリングもできますよ。 バイクライフを思いっきりエンジョイしてください。AT限定は400ccまでのスクーターを運転できます。

《 大型二輪免許 》
総排気量が400ccを超えるバイクを運転することができます。
以前はナナハンと呼ばれる750ccのバイクが大型バイクの代名詞でしたが現在は1,000ccを超えるバイクもあります。大型二輪は長距離ツーリングに真価を発揮します。高速道路などを一定のスピードで走行するときは最高の乗り心地といわれます。
AT限定は650ccまでのAT自動2輪車を運転できます。

免許区分 原動機付
自転車免許
小型二輪免許 普通二輪免許 大型二輪免許
排気量 50cc以下 50cc超え
~125cc以下
125cc超え
~400cc以下
400cc超え
 ※ATは650ccまで
高速道路 不可
2人乗り 不可
車検 制度なし 400cc以上は必要 必要

原付以外の免許取得の方法は【運転免許試験場でダイレクト受験】と【指定教習所に入校する】があります。
【運転免許試験場でダイレクト受験】の場合は実技・学科とも、運転免許試験場で受験になります。
【指定教習所に入校する】の場合は卒業検定に合格後、卒業証明書がもらえます。卒業証明書を持って運転免許試験場で「学科試験」を受験、合格すると免許が交付されます。
詳しくは⇒免許を取得する方法をご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">