免許の失効

免許の失効とは

運転免許証

更新期間内に運転免許証の更新を受けなかった場合、運転免許証は効力を失ってしまいます。無免許となりますので車を運転することはできません。これが免許の失効です。
失効すると更新の手続きをすることはできなくなります。運転免許試験を受験して再び免許を受け直すことになってしまいます。
ただし、ただし、次の「うっかり失効」と「理由ある失効」に該当する方は、免許試験の一部が免除されます。

【 うっかり失効 】

《免許証を失効させて6か月以内の場合》

 失効の理由を問わず適性試験に合格すれば失効前の免許を受け直すことができます。
(講習を受講すれば学科試験、技能試験が免除されます)

《6か月を超え1年以内の場合》

 仮免許を受験する時に仮免許の学科及び技能試験が免除される場合があります。

【 理由ある失効 】

下記のやむを得ない理由があり、失効後3年以内の場合は、学科試験、技能試験が免除となります。
ただし、その理由が終了してから1ヶ月以内に申請しなければ試験の免除はありません。
なお、平成13年6月19日以前に理由が生じた場合は、失効後3年を超えても技能試験が免除されます。

・海外旅行、災害により手続ができなかった
・病気にかかり、または負傷により手続ができなかった
・法令により身体自由を拘束されていた
・社会の慣習上、または業務の遂行上やむを得ない用務が生じてできなかった




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">