合宿免許について


合宿免許とは?

自宅近所にある自動車学校や教習所に入学し通いながら免許取得を目指すのが一般的な方法ですが、合宿免許は自宅を離れ自動車学校の用意した宿泊施設に寝泊まりしながら短期で免許の取得を目指す方法です。宿泊施設は自動車学校の寮やホテル、旅館、ペンション、契約マンションなどで、グループで参加の場合の割引や、早割りなどの割引や、観光特典など楽しい入校特典を用意しているところも多いです。 宿泊費用や往復交通費が支給されますので、地元の教習所に通うよりも、早く安く免許を取得することができます。また、年齢にもよりますが、延長や仮免試験の何回まで無料といった優遇措置もありますので、通いと合宿で迷っている方は、条件の違いなどもよく比較検討してみてください。

入校資格

年齢 満18歳以上の方 ※修了検定時に満18歳になる場合は17歳でも入学可能です。
視力 両眼で0.7以上の視力があり、片眼それぞれ0.3以上の視力がある方※メガネやコンタクトレンズの装用可能です。片眼の視力が0.3に満たない方は、各都道府県の運転免許試験場で事前審査を受けてください。 他眼の視力が0.7以上で視野が左右150度以上あれば入学可能です。
色彩識別能力 赤色、青色、黄色の識別ができること。
聴力 障害をお持ちの方は、事前に入学希望の自動車学校にご相談下さい。
運動能力 障害をお持ちの方は、事前に入学希望の自動車学校にご相談下さい。
その他 事前に相談が
必要な方
身長が145cm以下の方、体重が120kg以上の方、妊娠中の方、過去に無免許運転・
免許取消などの違反歴がある方、日本語の読み書きに自身のない方、高齢の方

入学から卒業まで

自動車学校への入学から卒業まで普通免許の場合の入学から卒業までのスケジュールです。 自動車学校を卒業すると卒業証明証がもらえます。卒業証明証を持って運転免許試験場で学科試験、適正検査を受験してください。合格すると免許証が発行されます。

自動車学校での
入学説明
教習カリキュラム全般や合宿生活などについての説明があります。
▼ ▼ ▼
適正検査 視力検査や色彩識別能力の検査などです。簡単な検査なのでリラックスして受けてください。
▼ ▼ ▼
第一段階 教習のスタートです!学科教習→道路上で運転するための基本的な知識を学びます。最短時限数は10時限。技能教習→基本操作と基本走行を学びます。教習所の場内で実施します。最短時限数はMT車の場合15時限、AT車だと12時限。
▼ ▼ ▼
学科模擬テスト
効果測定
仮免学科試験に合格するために事前に行う予備テストです。
▼ ▼ ▼
修了検定 運転技能についての検定。基本運転が身についているかどうかを判定します。合格すると仮免学科試験を受けることができます。
▼ ▼ ▼
仮免学科試験 試験は正誤式です。50問中、45問正解で合格。合格すると仮運転免許証が交付されます。
▼ ▼ ▼
第二段階 路上教習のスタート!学科教習→最短時限数は16時限。応急救護教習も3時限実施。技能教習→最短時限数は19時限。高速道路の走行なども学びます。
▼ ▼ ▼
卒業検定 路上で行う検定です。運転中の対応能力を判定します。道路場面や周囲の交通、危険予測に対応できる運転ができるかどうかが試されます。
▼ ▼ ▼
卒業 卒業検定に合格すると卒業証明証が交付されます。有効期間は卒業検定合格日から1年間です。
▼ ▼ ▼
運転免許取得 卒業証明書を持って、現住所の所在地にある運転免許試験場で学科試験、適正検査を受験してください。合格すると即日免許証が発行されます。

合宿免許のメリットは?

1.短期間での取得が可能!
  毎日、スケジュールが組まれているので短期間で卒業できます。AT車限定免許なら最短で13日。

2.料金は安心のパック料金で安い!
  教習費用 + 滞在費用(宿泊費・食事代)+ 往復交通費(条件あり)のパック料金になっています。
  ※延長した場合の保証も含みます(上限あり)

3.楽しい体験や出会いがあります!
  自宅を離れ過ごすので新たな出会いやその土地でしか経験できないイベントなどを体験できます。

【 合宿免許が混む時期 】

年に2回、自動車学校が大変混雑する時期があります。それは春休みと夏休みです。
2週間は自宅を離れ合宿生活を送るのが合宿免許。時間を作れる時期も決まってきます。 特に春休みは4月から社会人になる人も大勢いるため、どこの教習所も大盛況です。
申込が遅くなると入学できないこともあります。 春休みと並び混雑する時期は夏休みです。大学生を中心に大勢の人が教習所に訪れます。 教官の人数、教習車の数にも限りがあるためも混雑する春休みと夏休みは金額も高くなります。
少しでも安いプランをお探しなら早めに申込をしましょう! 人気のある自動車学校には予約が入り出していますよ。

【 免許の取得費用とローンについて 】

免許の取得には、20万円程度の費用がかかります。
費用を分割して支払うローンを組むことも可能ですが、利息は付きます。
ローンと言うと、法外な利息の金貸し、サラ金などといったイメージがあるようですが、クレジットカードでの分割支払いやリボ払いと基本的には同じで、カードを持っていない人あるいはカードの借入限度を超えるような支払いの場合に、契約書によって支払いを約束することをローンと言っています。
住宅ローンなどは典型ですね。 支払い回数は数回から数十回などですが、支払い回数が多いほど利息分で支払の総額は大きくなります。 大学生の場合は、返済能力がないみなされやすく、通常のローンは通りにくいため、親族が借主となって手続きをするか、保証人になってもらう必要があります。
学校(教習所)がローン会社と提携しているところが多く、支払いの相談に乗ってくれるところもありますし、信用できる会社(下記でご紹介していいます)で、少しでも金利が安いようであればそこで借りることも検討してみてください。

《 マイカーローンで免許も車も手に入れる方法があります 》

免許をとれば、車もほしくなります。一般的な銀行や金融会社では、車を購入する時にその代金を貸し付ける、「マイカーローン」というプランを持っており、このプランで免許の取得費用と車の代金を合算してローンを組んでしまうという方法があります。
車を買う予定があるのなら、こういうローンを利用するのも検討してみてください。 地方銀行などの安いところでは年利2.5%程度の利息で借りることができるところもありますが、一般的には5%~15%程度までを目安として考えておいたほうがよいでしょう。 年利10%なら仮に100万円を借りて5年で返すとして返済総額は127万円程度。月々2万円程度の返済です。

●マイカーローンを取り扱っている主な金融機関

マイカーローンを取り扱っている主な金融機関をご紹介しておきます。ご参考に。

ネット完結(商社・銀行系列)

日立キャピタル株式会社 ≪マイカーローンねっとぷらざ≫
日立製作所系列。ネットのみでの手続きで融資を受けられます。年率2.6%~3.6%の金利は日本で一番安いと言っていいかもしれません。

銀行系(銀行系列)

モビット(三菱東京UFJ銀行)
DCキャッシュワン(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
アットローン(三井住友銀行)
住友SBI銀行ローンカード
スルガ銀行リザーブドプラン
東京スター銀行おまとめローン
※地方銀行にも問い合わせしてみてください。

信販系(カード会社や信販会社系列)

JCBファーストローン
ニコスマイベストビズ
セゾンカード証書ローンライフプレイカード
ジャックスカード
オリックスVIPローンカード
オリコCRESTカード
OMCカード

消費者金融大手

アコム
プロミス
武富士
アイフル
レイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*